幅広いマイカーローンの資金使途

ディーラーで借りるローンは車の購入にしか使えず、当然ながらそのディーラーで買う車に対してのみのローンとなります。オプションなどを含めた車の購入総額でローンは組めますが、車の購入以外には利用ができないようにはなっています。

しかし、銀行で借りるマイカーローンの場合には、幅広い用途で目的に合わせて利用ができるようにもなっています。車の購入も新車だけでなく中古車にもマイカーローンが同条件で利用ができるところが多く、さらにはバイクや船舶の購入に使えるタイプもあります。

ディーラーで借りるローンよりも用途が広く使える便利な銀行のマイカーローンは、幅広い用途でありながら金利はディーラーローンよりも低くなっている場合が多いので、頼れるローンともなってくれるのです。

免許の取得費用にもマイカーローンが使える

銀行で借りるマイカーローンは、車やバイクの購入だけでなく、これから車に乗りたいといった方の免許の取得費用にも使えるようになっています。免許の取得には自動車教習所に通うとなると数十万円もの費用がかかるため、免許は取りたいけどお金がないといった悩みを抱えてしまう方もいます。

銀行のマイカーローンなら足りない免許の取得費用としても借りられ、金利も車の購入時と同条件となるために負担が大きくなることもありません。信販会社などの免許ローンと比べても金利は大幅に低くなる場合が多いので、毎月の返済も最終的な支払い総額も抑えられます。

ただ、未成年の方となると銀行のマイカーローン利用が難しくなってしまうため、未成年での免許取得費用をローンでまかなう場合には、対応をする金融機関やローン会社を探す必要が出てきます。

車庫にかかる費用にも対応をする

車に関連する費用であれば幅広く使えるのが銀行のマイカーローンの特徴で、上で触れた免許の取得費用の他に、車庫の新築や増改築にかかる費用としてもマイカーローンが利用できます。

車庫を建てる、手を加えるとなるとそれなりにまとまった費用がかかってしまいますが、低金利の銀行マイカーローンが利用できるとなれば安心ができます。また、車庫であればリフォームローンが利用できる場合もあるため、ローンの選択肢が増えるのも良い部分です。

免許の取得にしても車庫などの車に関連する費用としても、マイカーローンでまかうとするなら資金使途を明確にする書類を求められる場合があります。見積書などが必要となるので、しっかりと保管をしておくようにしましょう。

ディーラーローンよりも便利で頼れる

銀行のマイカーローンは幅広い資金使途と低い金利で、ディーラーローンよりも頼れる借り入れを可能としています。しかし、その分だけディーラーローンと比べると審査が厳しくなるため、申し込みに関しては慎重に行うようにしましょう。

保証会社を利用する契約となり、原則として保証人を不要とする場合が多い銀行のマイカーローンでは、利用者本人の信用が重視されます。安定した収入を得ているのはもちろん、他社での借り入れが多いなどの理由で審査落ちとなる場合もあるので注意が必要です。