返済は早くに終わらせたい

マイカーローンの返済は借り入れ先によっては最長で10年など、長期に渡って行えるようになっています。返済期間が長くなればその分だけ負担を分散できるため、一回あたりの返済自体は軽くなります。

しかし、一回あたりの返済を軽くするとその分だけ最終的な返済は重くなります。10年かけてのマイカーローン返済となれば借りる金額にもよりますが、毎月の一回あたりの返済金額は微々たるものとなるでしょう。その代わり、ローン完済時に支払う利息総額は非常に大きなものとなってしまいます。

どのように負担を軽くしたいかにもよるために一概には言えませんが、なるべくならマイカーローンの返済は早めに、当初の計画よりも前倒しで終えられるようにしておきたいのです。

利息は借りている期間で発生する

マイカーローン返済時の利息は、借りている金額と借りていた期間によってかかります。もちろん金利も影響をしており、金額と期間、金利でかかる利息が変わります。

借りている金額が大きくなれば利息は膨らみ、同じように借りていた期間が長くなれば利息は大きくなります。同じ金利で借りているとしても借りる金額を少なくしたり、借りていた期間が短くできるのであれば、利息は減少していきます。

早めに前倒しで返済を進めるメリットはそこにあり、当初の計画よりも多めの返済を行っておけば借りている金額が少なくなるため、かかる利息は減ります。また、利息が減れば同じ返済金額でもローン残高に充てられる分が増えるため、より早くに返し終えられるようにもなります。

余裕のあるときには積極的に返す

マイカーローンの返済は毎月の決められた期日に決められた金額を用意し、入金をするなどで問題はありませんが、それでも余裕があるときには多めに積極的に返済を進めるようにしたいものです。

毎月の返済を終えても余裕があるからと無駄遣いに回すのではなく、余裕がある、余剰金があるならローンの契約中は返済に回しておくべきです。ローンが残っている限りは常に利息が発生し、利息はいくら払っても利用者側としては無駄な出費でしかないため、なるべくなら利息の負担を抑えながら返済を行いたいのです。

銀行のマイカーローンはディーラーローンと比べると金利が低く利息も安い傾向にありますが、だからと言って余計に利息を支払う必要はありません。利息負担が抑えられるなら、なるべく抑えて効率的な返済を進めるようにしてください。

繰上げ返済手数料には注意が必要

マイカーローンを借りる銀行によっては、繰上げ返済を行う際に手数料がかかる場合があります。負担を減らしたくて繰上げ返済をするのに、返済金額によっては手数料負担で結局は意味がなくなってしまう場合もあるので注意が必要です。

繰上げ返済を積極的に進める予定でマイカーローンを利用するなら、繰上げ返済の手数料は無料か、どのように行うかはしっかりと確認をするようにしてください。金利が低くても手数料がかかってしまえば、多少は金利に劣っても繰上げ返済を手数料無料で進められるマイカーローンがあれば、繰上げ返済によって最終的な負担は軽くできる可能性もあります。

マイカーローンの利用を検討する際には金利はたしかに重要ですが、大事なのは金利だけでなく全体としての利用条件です。金利以外の保証料などの負担や手数料の面など、しっかりと各条件を確認してから借りるようにすれば良いマイカーローンが組めるようにもなります。