頭金は必要としていない

銀行で借りるマイカーローンの場合には、ローン契約時の頭金に関しては特に必要とはしていません。車の購入金額に対応する枠でのローン契約となるため、頭金の有無によってマイカーローン審査の可否が決まるわけでもありません。

ディーラーで借りるローンの場合には収入やその他の条件により、頭金を入れてローンを組む金額を少なくしないと審査に通らないといった状況も起こり得ます。しかし、銀行のマイカーローンの場合には頭金が不要となるため、マイカーローンで借りられる金額が少なくなる、または審査に落ちてしまうといった結果になるのです。

ローンで借りる金額を少なくする

いくらかの頭金が用意できる場合であれば、銀行のマイカーローンでも頭金と同じような形でローンの契約が行えます。自身で用意ができる金額を希望金額から差し引き、足りない分だけをマイカーローンでの希望額として申し込みを進めれば良いだけです。

希望額が大きくなるにつれてマイカーローンの審査は厳しくなるので、少ない金額での申し込みとなれば審査に通過をし、銀行のマイカーローンで借りられる可能性も上がります。借りる金額が少なくなるからといって金利も大幅に高くなるわけでもないので、負担を減らして利用もできるようにもなります。

ローン契約後の販売店などへの支払いは相談をする必要がありますが、銀行のマイカーローンは直接、販売店などに振り込みを行うため、追加で足りない分を自身で振り込むなどの対応が必要となる点には注意が必要です。

借りる金額が下げられない場合

銀行によってはマイカーローンの枠が100万円からなどのまとまった金額のみとなっている場合があり、例えば30万円は用意できて70万円だけ借りたいといったときには、枠を70万円に下げて借りることはできません。

その場合には100万円の枠でのマイカーローン審査に通過ができれば、すぐに30万円は返済に回してしまえば良いです。30万円をすぐに返済すればローンの残高は70万円となり、借りた後にすぐに返済をするならその間の利息負担もそこまで大きくはなりません。

ただ、上の例での返済で注意をしておきたいのが、30万円の入金は繰上げ返済扱いとなるため、借り入れ先によっては別途手数料がかかる場合があります。すぐに一部だけ返済を行う予定でマイカーローンを借りるのであれば、繰上げ返済手数料が無料のマイカーローンを利用してください。

借り入れ先の利用条件をよく確認

頭金の有無、返済の方法や手数料など、マイカーローンを銀行などの金融機関で借りる場合には、しっかりと利用条件を確認するようにしてください。条件を確認せずに利用をしてしまうと、契約後に思わぬ負担がかかる可能性もあります。

ディーラーで借りるローンにも言えることですが、例えば通常のローンだと思って利用をしたら残価設定型のローンであったという場合でも、ローンの手続きを済ませてしまうと後から契約は変更ができません。

ディーラーローンであれば銀行のマイカーローンへの借り換えで何とか対応は可能となりますが、どちらにしても利用前、契約前にはしっかりと利用条件の確認を行うようにし、間違いがない契約を進めるようにしてください。